胃がんは症状が、ほとんど見られない病気の一つ

スポンサードリンク



胃がん症状がほとんど見られない病気と言われており、サイレントガンとも言われているようです。

がん早期発見治療が可能なものが多くありますが、早期胃がんについては症状がないのでなかなか発見も困難なようです。

中には胃潰瘍胃炎のような痛み症状があり、それで検査を受けてみたら「胃がんだった」というケースもあるようです。この場合は早期でも発見ができますが、ほとんどの場合、症状がほとんどないことが多いようです。 唯一感じる自覚症状としては「お腹が痛い」「胃のあたりがムカムカする」「食欲がない」「吐き気がする」「胸やけがする」といったものです。 ただ、こういった症状はよくあることですし、つい見過ごしがちになってしまうことも少なくないようです。

胃がん
初期症状がほとんどない、または見られてもそれとは気付きにくいといった点から、進行してから気がつくというケースも多いようです。

ここ数年で胃がん治療は飛躍的に上がったようで、それに伴い生存率も高くなってきています。
胃がんは胃粘膜の表面組織が、がん細胞化して起こる病気と言われています。 この中でも、進行が早いのが
スキルス胃がん」と言われており、通常のものと違って更に自覚症状が出にくく、若い人にも発病することがあると
言われています。

進行すると粘膜全体が硬化し、有名スポーツ選手や著名人の中にもこの病気で命を落とした方が少なくありません。
進行が早いため、自覚症状が出る頃には胃全体に浸潤していることが多く、術後の5年生存率が20%
かなり低いことが分かります。

日ごろから自分の体調に敏感になっておくことも必要ですが、定期的な健康診断人間ドッグなどで
早期発見
することが治療の近道ではないでしょうか。


SPONSORED LINK



胃がんは胃の病気の中でも最も危険な病気の一つ。しかも日本では多い!

胃がんは胃の病気の中でも最も危険な病気の一つで、日本は世界でも特に多発している地域とも言われています。
あなた自身だけでなく大切な家族のためにもしっかり健康管理をしていきたいものです。 通常の胃がんであれば先に
も話したとおり、消化不良胃もたれ、食欲不振や胃痛といったものが見られるようです。また、胃がんが更に進行すると、
吐血や貧血、黒色便などの胃内部での出血が原因とされる症状が現れるようです。

早期発見の難しい病と言われていますが、進行性のもの以外であれば治療も可能な場合が多いといわれています。
特に暴飲、暴食した覚えがないのに、胃もたれや食欲不振、胸焼けが続くという場合には、「仕事が忙しくて、
病院に行くのが面倒くさい」などと言わずに小まめに検診をされておかれることをおすすめします。


スポンサードリンク